感触遊び 手作りおもちゃ

【手作りおもちゃ】不思議な感触!片栗粉粘土

2021年6月13日

夏といえば薄着で思いっきり汚れられる感触遊びがピッタリですよね!

他にも外になかなか出れない時にはいつもと違った体験をするのもいいですよね。

普通の粘土やスライムなど様々な感触遊びを試して、新しいものをお探しの方におすすめ!

今回は片栗粉を使って、不思議な感触を楽しんでみませんか?

【手作りおもちゃ】片栗粉粘土

材料

必要なモノ

  • 片栗粉(100g)
  • 食紅
  • 水(50〜100ml)
  • ボウル

ボウルに片栗粉を入れる

片栗粉100gをボウルに入れましょう。

色をつけたい方は食紅を少量入れてください。

あまり入れると手などに色が移るので注意です!!

ちなみに今回は次男くんが

「全色入れたい!」

と譲らなかったので全色入れています。

水を入れる

水を少量ずつ入れて混ぜましょう。

感触の変化を楽しむのも大事です!

途中でツンツン指で触ってみましょう。

「指で押すとグッと沈む」

「固いなぁ」

「白いとこはまだサラサラ」

などなど子どもの発見を聞くのもおもしろいですよね。

水を少しずつ足して全体が粉っぽくなくなったら

できあがり!!

さっそく遊んでみよう!

長男くんと次男くん。

下で片栗粉を掴めるのに手を持ち上げるとトロトロトロ〜

「溶けちゃったーー!!」

そしてお互いの手に垂らしたり、

カレー用スプーンですくってみたりして不思議な感触に夢中。

手をしばらく出していた次男くんは

「大変!!手がーー!!」

トロトロな液体がついていたはずなのに、あっという間にカピカピに固まって驚いていました。

こういう発見も大切ですよね。

そして、そこへ昼寝明けの三男くんが。

感触遊びが大好きな三男くんはお兄ちゃんたちから取り上げて一人占めです。

手をグーパーグーパーと不思議な感触を楽しんでいる様子。

私が握って手をあげて見せると、それをマネっこして

遊び方がダイナミックに!!

しばらく楽しむと服も床もぐちゃぐちゃ…

三男くんはこのままお風呂場まで連れていかれ、早めの入浴。

シートを敷かずに始めたことを後悔しながら床の掃除をしました。

みなさんは始める前に床にシートやビニールを敷いて遊ぶことをおすすめします。

そして、汚れは簡単に落ちましたが、汚れていい服や肌着などで遊ぶと片付けが楽になりますよ。

まとめ

遊ぶときは思いっきり楽しめるように!

お子さんたちのひらめき、発見を見守っていきましょう♪

やるときはとことん汚れていいじゃないか!

感触遊びの醍醐味が味わえる片栗粉粘土。

ぜひみなさんも楽しんでみてくださいね!

では、レッツトライ!!

-感触遊び, 手作りおもちゃ