0歳から2歳の工作 2歳から5歳の工作 簡単工作

牛乳パックでぴょんぴょんがえる

2021年4月26日

みなさん!

子どもの頃に牛乳パックでカエル作りませんでしたか?

パチンッ!と飛ぶアレです!!

誰が1番高く飛ぶか競走したりして何度も飛ばしましたよね。

ふとそんなことを思い出したので、早速作ってみました。

お子さんともすぐに簡単に作れるので、ちょっとした隙間時間の工作にピッタリですよ!

今回は2種類のカエルの作り方を紹介したいと思います。

【簡単工作】牛乳パックでぴょんぴょんカエルを作ろう!!

ではさっそくいってみましょう!!

材料

牛乳パック

輪ゴム

画用紙

マジックペン

ハサミ

両面テープ

 

①ぴょーんがえる

牛乳パックを切ろう

牛乳パックを筒状のままカットしましょう。

幅は適当です。あまり細すぎると高く飛ばないし、太すぎると輪ゴムを伸ばすのが大変なので、お子さんに合わせて切ってみてください。

写真くらいで十分飛んで、伸ばすのも大変でないのでおすすめです。

 

切り込みを入れよう

ちょうど折り目のところを両サイドから少し切り込みを入れましょう。

重なってる2枚は一緒に切って大丈夫ですよ。

 

輪ゴムを通そう

切り込みを入れたところに輪ゴムを挟ませて、写真のようにしましょう。

 

装飾しよう

画用紙にカエルの顔を描きましょう。牛乳パックのサイズに収まるように作ってくださいね。

手足はこんな感じに4つ作りましょう。大人が切るなら紙を4等分に折って一回で切っちゃっても大丈夫ですよ。お子さんなら1枚ずつ描いて、切りましょうね。

両面テープで貼っていきましょう。牛乳パックはツルツルしてるので、両面テープが剥がれにくくておすすめです。

おまけに牛乳パックの赤が目立ちすぎていたので、油性ペン、ビニールテープでデコってみました。少しは赤いのが誤魔化せたでしょうか?

ちなみに牛乳パックは普通のシールだと剥がれやすいかもしれないので、ビニールテープを使用しました。

水彩ペンも弾いちゃうので注意です!

できあがり!!

飛ばし方

輪ゴムがひっかかっていない上の部分を指で押して

これを素早く離したらピョーンっと飛びます!

高く飛ばすポイントは素早く離すですよ!!

 

②パッチンがえる

牛乳パックを切ろう

切り開いた牛乳パック2面を使って適当な幅に切りましょう。幅は先程同様ですが、こちらの方が輪ゴムを伸ばすのに力がいるので、それを踏まえて切ってみてくださいね。

 

切り込みを入れよう

写真のように、開く側の数センチ内側に両サイドから切り込みを入れましょう。

 

輪ゴムを通そう

白い面を外側にして、切り込みに輪ゴムを引っ掛けて、内側はクロスさせて引っかけましょう。

 

装飾しよう

こちらはお顔だけにしてみました。

画力があればしゃがんだかえるとか描きたかったんですけど…

これでも可愛いですよね?

はい!できあがり!!

飛ばし方

装飾した側をひっくり返して、輪ゴムが外側になるようにします。

指を素早く離したらパチーンッ!ピョーンっ!と高く飛び跳ねます!!

 

まとめ

今回は昔懐かしの簡単工作を紹介しました。

思い出さなかった方も作り方を見たら、

懐かしい〜となったのではないでしょうか?

ピョーンっ!とダイナミックな動きなので、お子さんも喜ぶこと間違いなしです!!

ぜひ作ってみてくださいね。

さあ!レッツトライ!!

-0歳から2歳の工作, 2歳から5歳の工作, 簡単工作