お役立ち情報 簡単工作

工作をもっと身近に!こどもの工作道具の収納方法

2021年4月15日

「工作の道具どうしよう」

 

「こどもが自分で取れるように何か工夫したいな」

 

「こどもが工作を好きになるにはどうすればいいだろう」

 

こんなふうに悩んだことありませんか。

 

小さいこどもは工作大好き

 

もっと工作を好きになって欲しいけどどうすればいいんだろう。

 

この記事を読んでいただければ、工作をやる楽しい環境を作ることができますよ

 

実は私は工作が好きではありませんでした。

 

学校の図工の時間は好きではなかったのです。

 

楽しいと感じる前に大変という思いがありました。

 

「上手にできなければならない」

 

このプレッシャーが好きになれなかった原因です。

 

大人になって、保育士を目指すなかで、気持ちが大きく変化していきました。

 

こどもたちのキラキラ輝く眼を見て工作ってこどもを幸せにするんだと気づきました。

 

こどもに『工作って楽しい』と思って欲しい。

 

『上手にできなくても素敵』

 

これが本来の工作の本質ではないかと思います。

 

創造していく過程がとても大切だと感じています。

 

こどもが工作を嫌いにならないようにどうすればいいのか。

 

今回は、みたろうのおうちがどのようにして工作をこどもに好きになってもらうようにしているかをご紹介します。

こんな方におすすめ

  • こどもと工作を楽しみたい方
  • こどもに工作が好きになってほしい方
  • 工作の収納場所をどうするか考えている方

自由にこどもが道具を取れるようにしよう!

工作の道具を置く場所は重要です!

 

こどもの手の届くところにおきましょう。

 

自分で作りたいものを作るには、工作道具を本人が取れる必要があります。

注意ポイント

大人が正しい道具の使い方を側で徹底的に指導すること

まだ扱いが危険と判断したものは置かないようにする

成長に合わせて自由に取り出せるものを増やす

 

自分で扱えるようになったものは自由に使えるようにしましょう。

 

毎回許可を取っていては意欲も落ちてしまいますよね。

 

工作を最初は提示して作っていくとこどもも色々と覚えるのでいいと思いますが、その工作から学んだことを自由にこどもが創作できることも重要です。

 

最初は教わった工作しかできなくても、自由に使っていくなかで様々な素材を自分なりに組み合わせて使うことができるようなりますよ。

 

素材に対してどのペンがいいか、くっつけるものによってのりがいいか、セロハンテープがいいかなど色々なことを考えます。

 

こどもの成長にいいことがたくさんありますね。

ポイント

  • 自分を表現する幅が広がる
  • 型にはまらない工作が作れる
  • 自分で考えて工夫ができる
  • 様々な素材を組み合わせることができる

文具・工作系のコーナーの作り方

子どもが自由に使って良いものはここに置いてあります。

あまり綺麗ではありませんが、

1番上には

アイロンビーズ

シール、スタンプ、マスキングテープ

 

2段目は

クレヨン、折り紙、クーピー、レターセット

粘土セット

鉛筆削り、セロハンテープ、ペン入れ(上から色鉛筆、鉛筆・消しゴム、水彩マジック、はさみ・テープのり、スティックのり・でんぷんのり)

3段目は廃材入れです。

ストロー、割り箸、紙コップ、紙皿、発泡どんぶり、松ぼっくり・どんぐりなど

以上の物は約束事を確認しながら、自由に使えるようにしています。

少し前までは次男くんがハサミの使い方の約束事が守れなかったので避けてありましたが、守れるようになってきたので、入れるようにして『大人が同じ部屋にいる時に使う』と決めています。

その他の物は大人しか触らない棚にしまっていて、大人と一緒に使うようにしています。

紙粘土、絵の具セット、油性ペン、ビーズ類、文具類です。

引き出しは紙テープ、食紅、ラメ入りマニキュア、ビニールテープ、両面テープ、マスキングテープ、文具(穴あけパンチ、カッター、コンパス、ホチキス)

ビーズなどは増えてきたので100均で買った小分けのケースに入れて分けています。

以上がみたろうさんちの工作関連のコーナーです。

まとめ

みたろうのおうちの工作コーナーのご紹介でした。

工作道具をこども自身が使い始めれば、こどもの意欲もどんどんのびていきますよ。

「工作はとてもたのしい」

こどもたちがみんな工作を好きになってくれるといいですね。

みなさんもぜひ工作コーナーをつくってみてはいかがでしょうか?

レッツトライ!!

 

 

 

-お役立ち情報, 簡単工作