2歳から5歳の工作 5歳から7歳の工作 簡単工作

【食育・お箸】お箸を始めるその前に!うちの子は準備できてる?まずはおもちゃで簡単に箸トレ!

2021年4月10日

お箸を練習しようと思うけど、どうやって練習すればいいかわからない。

簡単に遊びながら指先のトレーニングできないかな。

こんな悩みを持っている方も多いと思います。

私も長男がお箸を始めたときに色々と調べて試してみました。

矯正箸を使ってみましたが、普通の箸を使うとぐー握りになってしまう。

結局一回スプーン、フォークに戻して、玩具遊びをしてお箸を使えるようになりました。

矯正箸はこどもも簡単に箸がもてるというメリットはあるのですが、矯正箸に慣れてしまってなかなか普通の箸が使えないこともあるので注意が必要です。 

今回は、指先を使うことで「お箸トレーニング」になる玩具を紹介していこうと思います。

この記事を読めば、明日からのお箸トレーニングが少し楽になりますよ。

こんな方におすすめ

  • お箸トレーニングを始めようとしている方
  • 遊びながら指先のトレーニングをさせたい方

お箸トレーニングになる玩具紹介!!

洗濯バサミで指先を動かそう!!

洗濯バサミで物を挟むのは、意外に難しいです。

指先の細かい作業が必要になるので、お箸トレーニングを始める前のお子さんにおすすめです。

うまく洗濯バサミが使えるようになるまで、何度か使い方を見せてあげましょう!

洗濯バサミを使用して、指先を刺激!うまく挟んでライオンさんが作れるかな?

楽しみながら指先が刺激できるのでおすすめですよ!

ライオンだけでなく、色々なキャラクターを作って洗濯バサミアートをこどもと一緒に楽しんでみてくださいね!

洗濯ばさみで遊ぼう

続きを見る

トングを使って指先トレーニング!!

洗濯バサミをうまく使うことができるようになったらトングを使ってみましょう!!

トングの先端でうまく物を掴むのも大変です。楽しみながら進めていきましょう!!

何気なく使っているトングですが、実は2つの動作が入っています。

「掴む+離す」

これって大変なんですよね。掴み続けて、ワニさんのお口のところに来たら離す。

これを繰り返すには集中力もかなり必要です。

最初は掴む練習だけを繰り返しても良いかもしれませんね。

うまくいったら、「上手に掴めたね!」など声かけをしてこどものやる気を引き出しましょう。

ワニさんに上手に食べ物あげられるかな?ワニさんがお口をパクパクさせて待ってるよ!

ワニさんのお腹をいっぱいにさせてあげてね!!

パクパクワニさん

続きを見る

鉛筆握りを練習しよう!!

トングの使い方にも慣れてきたしいよいよお箸!!

まずは、綺麗に鉛筆握りができるように練習しましょう!

箸の長さも大切になってくるので、しっかりとお子さんに合った箸を選ぶようにしましょう!

鉛筆握りの次は、もう一本の箸を持って上下に動かす練習をしましょう。

この時注意して欲しいのは動かすのは上の箸だけです。

下の箸は動かさないので注意してくださいね。

うまく動かすことができるようになりましたか。

うまく動かすことができるようになったら今度は掴む練習をしてみましょう!

デコレーションボールを使ってお箸トレーニング

デコレーションボールを使ってお箸を練習してみましょう。

デコレーションボールは柔らかいので掴みやすいです。

デコレーションボールをうまく掴んで移動させることができるかな。

うまく掴んで移動させることができたらしっかり褒めてあげてくださいね。

【手作りおもちゃ】デコレーションボールで簡単指先遊び 穴落とし&箸遊び

続きを見る

工作する時間がない方へ

練習はさせたいけど、なかなか工作をする時間は作れない。

お箸トレーニングを簡単にできる玩具ないの。

という方もいらっしゃると思います。

そんな方におすすめな玩具をまとめたので参考にしていただければと思います。

【おすすめ】お箸トレーニング玩具

レーシックビーズは、ビーズの紐通しです。両方の手を同時に使って紐通しをするので、指先の動きの練習になるので、箸トレーニング前のお子さんにおすすめですよ。



みなさんはマグタブご存知でしょうか。これは大きめのやつをおすすめします。マグネットペンの力で鉄球を引き上げたり、押し戻すおもちゃです。

ペンを握る練習になるので、これも箸トレーニングの前に使われると良いと思います。


ドーナツをトングで積んでいくおもちゃです。トングを使って指先を刺激できるので、お箸トレーニングの玩具として最適ですね!


お箸を上手く持てるようになったら掴む練習を可愛いすみっこ暮らしで練習してみてはいかがでしょうか。

まとめ

お箸トレーニングを始める目安はこどもがお箸に興味を持ち始めたら。

こどもの意欲にあわせて始めれば良いと思います。

お箸トレーニングの1番大切なことは、ゆっくりと進めていくことです。

上手くお箸が握れないときなどは、スプーンやフォークを使って気分直し。

とにかく成功体験を積み重ねてあげましょう。

おもちゃでも遊んでお箸を使うのに必要な手先の運動をしっかりとしましょう。

ゆっくり楽しく焦らずに!お子さんが上手に箸が持てるようにぜひ一緒に遊んであげてくださいね。

-2歳から5歳の工作, 5歳から7歳の工作, 簡単工作