2歳から5歳の工作 簡単工作

新聞紙で遊ぼう

2021年4月7日

せっかくの週末だけど雨…

子どもは体力が有り余って、何をして遊ばせようって時ありますよね。

たまにはこんな遊びはどうですか?

それは新聞紙遊び!

新聞紙って丸める時のクシャクシャって音、破く時のビリビリって音がすごい魅力的なんですよね!

新聞紙がない時は、宅配の時クッション代わりに入ってるこんな紙が薄くて破きやすいので、取っておいて使ってもいいと思いますよ。

まずは準備!さあ準備が終わったら早速簡単に遊べる新聞紙遊びをやっていきましょう!

【簡単工作】新聞紙をビリビリ・くるくる全力で遊んじゃおう!

思い切り遊んでいけるように汚してもいいスペースを用意しましょう。

本気で楽しむと紙が結構細かくビリビリになるので、我が子の楽しみ方を想像して、片付けを覚悟して始めてくださいね。

では、さっそく遊んでみよう!

ポイントは大人も一緒に楽しむことです。

丸めてみよう!

丸めるのは大人にとっては簡単ですが、子どもにとっては意外と力も必要で難しいんですよ。

ボールにしてキャッチボールをしても良し。

的を作って的当てにしても良し。

当たってもあまり痛くないし、家でも安心して投げられますよ。

破いてみよう!

自分で破くのが難しい小さい子は

こんな風に少し端を破いて、両側に手を添えてまずは大袈裟に手を動かして一緒に破いてみましょう。子どもは両側に引っ張りがちなので手を前後に動かすこと、上の部分をつまむことを教えてあげましょう。

何度か繰り返すとコツを掴んで自分で破いて楽しめるようになりますよ。

ビリビリビリ!と大きく音が鳴るように大人が破いてあげても大喜びですよ!

たくさん破いたら両手いっぱいに集めて、子どもの上に散らしてあげるとひらひらと落ちてきてまたまた大興奮!!喜ぶこと間違いなしです!!

ひと工夫

新聞紙の大きいところを利用して、身につけても遊べちゃいます。

これは次男が「ビリビリってしてオバケにして」と言ったので、一緒に作った写真です。

下の方を割いて、巻いて、テープで貼っただけ。

ですが、子どもはこれで十分大喜びです!

カーテンを閉めて、電気を消して、懐中電灯を持ったら、お化け屋敷の始まり始まり〜♪

女の子だったら可愛くスカートやリボンを作ってファッションショー。

ねじって紐状にして頭に巻いたらねじり鉢巻。お祭りごっこもできちゃいますよ。

まとめ

今回は新聞紙を使った遊びをご紹介してみました。

用意するものも少なく、準備も新聞紙だけ!困った時にすぐに始められるのも魅力的ですよね。

新聞紙。捨てずに取っておくといいですよ!

では、レッツトライ!

-2歳から5歳の工作, 簡単工作