育児・家事

家族との時間との大切さ/自由な時間を夫婦でシェアしよう

2021年3月22日

夫は飲み会に行ったり、週末に友人と出かけたりする。

 

妻はこどもがいるので自由な時間を取ることができない。

 

自由時間が夫婦のどちらかに偏っていませんか。

 

僕は間違いなく自分だけ自由な時間を持っていました。

 

妻が真剣に子育てに取り組んでいるのに、僕は週末に飲み会や友人と遊びに出かけていました。

 

現在は後悔していますし、夫婦で自由時間が取れるように努めています。

 

仕事が忙しかったり、付き合いで出かける機会が多いとどうしても家族と会う機会が減るといったことがあります。

 

こどもが産まれる前や、付き合っていた頃は、顔を合わせて会話する機会が多かったのに気づけばほとんど会話をしていないなんてことも。

 

最初は寂しいなと思っていても、段々と環境に慣れてしまうものです。

 

後から後悔しても遅いです。家族の時間を作ることはとても重要です。

 

今回は家族との時間の大切さについて書いていきます。

この記事の内容

  1. 家族と過ごす時間は大切
  2. パートナーと自由な時間をシェアしよう
  3. 家族の笑顔が一番大切

 

 

自由に過ごす代償

家族との時間が減ります。1日24時間です。時間は増えませんので、「自由に過ごす時間が増える=家族との時間が減る」ということになります。

 

自由な時間が増えるということは、「好きなことができる」ので悪いことではありません。

 

しかし、家族と過ごす時間を減らしてまで増やすものではないと思います。

 

パートナーやこどもと楽しく会話を交わす時間はとても大切なのです。

 

そして、自分が自由に過ごしている間も「育児・家事」をしているパートナーの存在を忘れてはいけません。

 

あなたが遊んでいる間にも辛い思いをして、苦しんでいるかもしれないパートナーがいるとしたら、あなたは本当に楽しく遊んでいられますか。

 

「自分も自由な時間が欲しい」と思うかもしれません。

 

私も自由な時間が欲しいです。

 

ここで考えなければいけないのが、誰かの時間を奪って「自由な時間」を手に入れていないかです。

 

育児・家事を全て押し付けていませんか。

 

自分の都合だけ通していませんか。

 

パートナーにも自由な時間はちゃんとありますか。

 

子育てをしていると、

「そろそろ夕飯の時間だから!」

 

「こどもの寝かしつけだから!」

 

「そろそろ旦那が公園から帰ってくるから!」

 

といった理由で帰る方をよく見かけます。

 

このような事例は言い出したら、キリがないくらい出てきます。

 

パートナーはどこにいても育児のことを忘れずに過ごしています。

 

パートナーに自由な時間を取らしてあげるには、パートナーと同じだけ家族の時間を過ごし、任せても安心という信頼を勝ち取る必要があります。

 

自由な時間は必ずパートナーとシェアしましょう。パートナーにも自由な時間をとってもらって初めて家族として頑張ることができると思います。

 

1人で頑張っても生産性は上がりません。2人で頑張れば1人で頑張るよりも格段に生産性が上がると思います。

 

人生を共有できるのは家族だけ

 

なぜ家族の時間が大切なのか。

 

生きていく上で1番信頼できるのは、本来家族であるはずだからです。

 

家族と楽しく会話をする時間は最高に楽しい時間です。

 

この時間があるだけでも、私は幸せになれると思います。

 

ただ、家族で話すことが常に楽しいことであるかはわかりません。辛い話、悲しい話、怒った話と色々あると思います。

 

でも、悲しいこと、辛いこと、嫌だったことを心の底から信頼して話せるのは本来であれば、家族だけです。

 

家族に話を聞いてもらえれば心が軽くなり、明日への活力が出てくるのです。

 

人生を共有できるのは家族だけです。家族との時間を増やすことは、心の安定にもつながってくるのです。

 

家族はいつまでもそこにいない

今、一緒に過ごしている家族もいつかはお別れのときがやってきます。

 

こどもは大きくなれば自立して出ていきます。

 

パートナーともいつまで一緒にいられるかは誰にもわかりません。

 

お別れのときが来たときに、「もっと家族と過ごす時間を大切にすれば良かった」と思っても遅いのです。

 

今、この瞬間に家族を大切にしなければ、明日は誰にもわかりません。

 

家族と楽しく過ごすためにできること

 

  • スケジュールを共有しよう
  • 夫婦で家事を分担しよう
  • パートナーに自由な時間をプレゼントしよう

スケジュールを共有することで、こどもの用事などを見落とすことが少なくなります。みたろう家はスケジュール共有アプリ【タイムツリー】をつかっています。

詳しくはこちら

または、グーグルのカレンダーを共有してもいいかもしれません。

 

家事の分担も明確に決めておきましょう。ひとりで家事をやると大変です。家事を分担することで、負担をお互いに軽減しましょう。

 

最後にとても重要なことは、自由な時間をプレゼントすることです。

パートナーに気持ちよく自由にすごさせてあげましょう。

 

まとめ

後悔しないように過ごしましょう。

 

仕事が大変でなかなか家族と過ごせない方も多いと思います。

 

でも、気持ちだけは常に家族と共にあって欲しいと願っています。

 

出会えたのは奇跡、家族になれたのは奇跡、一緒に過ごせるのは奇跡です。

 

今しか、今そこにいる人を愛することはできません。

 

自分本意な時間の使い方になっていないか。

 

もう一度立ち止まって考えてみましょう。

 

後で後悔しても時間は戻ってきません。家族の信頼も戻ってきません。

 

後悔しないように毎日家族との時間を大切にしましょう。

 

あなたにとって1番大事なことが何か考えると良いかもしれませんね。

 

私にとっては家族の笑顔が1番です。

 

-育児・家事