育児・家事

【パパがオムツを変えたら世界が変わった】育児に挑戦する大切さ

2021年3月21日

【パパがオムツを変えたら世界が変わった】

育児への挑戦を習慣化すれば生活が変わります。

 

脳は「ハエ取り紙」のように情報を求めるようになり、挑戦していなかったときよりも多くの情報を手に入れるようになります。

 

自分が親になって、やたら街中に「パパ、ママ多いな!」と感じるのと一緒ですね。

 

人間は気になることを無意識に集めます。つまり、挑戦していないと脳はお休み状態。エンタメ情報しか入ってこなくなってしまいます。

 

家事・育児も一緒です。意識すれば情報が自然と入ってきます。

パパになってできないことがいっぱいあると思います。

でも、挑戦しなければいつまでもできないままです。

僕たちの小さな一歩が、未来の大きな一歩につながるのです。

 

さあ、勇気を出してオムツを替えましょう!

 

【結論】

  • 日々の育児が人生を変える
  • 積み重ねていけば小さなことが大きなことになる
  • 育児は成長するチャンス

 

はじめに

育児に挑戦すると決めたら、まずは毎日やってみるようにしましょう。

 

中途半端にやったりやらなかったりする日々を過ごすと、結果は出ませんし途中で諦めてしまうことになります。

 

パートナーとしてもやってくれる日とそうでない日があったら、やはり任せようという気持ちにはならないですよね。

 

オムツを替える!と決めたらどんなときでも変える覚悟を持ちましょう!

 

お風呂に入れると決めたら、なるべく都合をつけてお風呂に入れるようにしましょう!

 

寝かしつけをやる日を決めたのなら、その日は必ず用事を入れないように努めましょう。

 

育児への挑戦は生活を変える

オムツを替える・お風呂に入れる・寝かしつけをするなど、育児に関して毎日挑戦していくことができれば、挑戦はやがて当たり前になります。

 

やって当たり前になるのです。最初は意識していてやっていたことが当たり前になります。同僚からのお誘いもスマートにお断りしたり、飲み会で自然と烏龍茶を飲めるようになります。

 

なぜなら、こどもの命を大切にする意識が当たり前になるからです。

 

今まで、任せっきりだったことが挑戦によって習慣化して意識が180度変化します。

 

育児への挑戦は本人の意識だけでなく周りへも良い影響を与えます。

 

今まで1人で育児をしていたとしたら、余裕ができるので助かります。何より、パートナーとして感謝され信頼されるので笑顔を増えます。

こどもにも笑顔が増えてくるでしょう。

 

毎日育児に挑戦する日々で自身が成長する

1番変化するのは自分自身です。最初は、赤ちゃんが泣いたら何するのか、オムツをうまく替えられないとか、苦労の連続です。

 

当たり前にできるようになると、また新たな壁が現れます。

 

挑戦の連続です。

 

今まで淡々と自身のことに関して考えて生きてきたことを思うと、刺激に溢れた毎日です。

 

大変なことも多いですが、こどもの成長を実際に関わり合いながら見守ることは、とても楽しいことです。

 

育児はこどもが自立するまで続きます。

 

育児に主体的に関わることは、人生をより良いものにしてくれます。

 

それだけ育児に挑戦することは大切なことなのです。

 

育児への挑戦を習慣にするには

育児への挑戦を習慣にするには、毎日育児に挑戦するしかないです。

 

やらないことには習慣にするのは無理です。

 

生活の中で習慣化させるには、当たり前と思えるまで継続が必要です。

 

1ヶ月毎日挑戦する根性が必要です。毎日、何があっても、眠くても、疲れていても、やり切りましょう。

 

毎日できればそのうち自然とできるようになります。

 

まとめ

育児は生活を豊かにします。

 

何もせずに生きるよりは、育児に真剣に挑戦することをお勧めします。

 

育児に挑戦する。

 

「挑戦」とした理由は、「育児参加」という言葉が自分のなかでしっくりとこなかったからです。

 

とりあえず「参加」というイメージでしょうか。

 

僕は育児をするのは簡単ではないと思っています。

 

育児をするのは挑戦です。簡単ではない感覚を持って臨んだ方が継続して、育児に携わることができるのではないでしょうか。

 

オムツを替えると世界が変わります。

 

-育児・家事